【ロレックス】GMTマスターⅡ 2019年新作モデル


【時計の特徴】
大陸間旅行

【18 CT ゴールド】
自社専用の鋳造場を所有するロレックスは、最高品質の18 ct ゴールド合金を鋳造する卓越した技術を誇る。
混合するシルバー、銅、プラチナ、パラジウムの分量により、イエロー、ピンク、ホワイトと、異なる種類の18 ctゴールドができる。
これらの合金の原材料となる極めて純度の高い金属は、最新設備を完備した自社研究所にて綿密に検査される。
その後、同じように細心の注意を払ってゴールド合金の製造と成型が実施される。
ロレックスの時計製造への飽くなき追求は、地金にも及ぶ。

【ブルーダイアル】
ダイアルは高い独自性と視認性を誇る、ロレックスの顔。
変色しにくい18 ctゴールド製アワーマーカーが特徴的。
すべてのロレックスのダイアルは、デザインから製造まで自社内で行い、完璧を期すために大部分が手作業で行われている。

【オイスター ブレスレット】
オイスター ブレスレットは、形と機能、美しさと技術の完璧な融合であり、堅牢な構造と快適な着用感を特徴とする。
ブレスレットに備わるオイスターロック フォールディングクラスプは、誤って開いてしまうことを防ぐ。
また、ブレスレットを延長するためのイージーリンクもロレックス独自の発明である。
この独創的なシステムにより、ブレスレットの長さを約5 mm延長させることができ、あらゆる場面でより快適な装着感が実現する。

【3285 ムーブメント】
最新のキャリバー 3285はロレックスが完全自社開発・製造した新世代ムーブメントである。
開発の工程における10件の特許を出願している。
このムーブメントはクロナジーエスケープメント、約70時間のパワーリザーブが特徴。
すべてのロレックス パーペチュアル ムーブメントと同様に、キャリバー 3285は、高精度の腕時計の称号でもある、スイス公認クロノメーター検査協会(COSC)のクロノメーター認定を受けている。
キャリバー 3285は耐衝撃性と気温変化にも安定性を保つパラクロム・ヘアスプリングが採用されている。
すべてのオイスター ウォッチ ムーブメントに共通する構造は非常に高い信頼性を実現している。


【時計の特徴】
大陸間旅行

【オイスタースチール】
ロレックスのスチール製モデルのケースには、オイスタースチールが使用されている。
オイスタースチールは904Lスチール系統に属し、最も一般的には、最高の耐蝕性が不可欠なハイテク産業や航空宇宙、化学産業で使用されている。
オイスタースチールは非常に耐久性があり、研磨性にも優れている。
どれほど過酷な環境下でも、その美しさを保ち続ける。

【ブラックダイアル】
ダイアルは高い独自性と視認性を誇る、ロレックスの顔。
変色しにくい18 ctゴールド製アワーマーカーが特徴的。
すべてのロレックスのダイアルは、デザインから製造まで自社内で行い、完璧を期すために大部分が手作業で行われている。

【ジュビリー ブレスレット】
ロレックスのブレスレットやクラスプの設計、開発、製造、そして製品に課される厳しい試験には、最先端のハイテク技術が活用されている。
また、すべての時計の部品と同様に、人間の目による照査によって、完璧な美しさが保証されている。
ジュビリー、 しなやかで快適な5列リンクの金属のブレスレットで、1945年にオイスター パーペチュアル デイトジャストの発売に合わせて特別にデザインされた。

【3285 ムーブメント】
最新のキャリバー 3285はロレックスが完全自社開発・製造した新世代ムーブメントである。
開発の工程における10件の特許を出願している。
このムーブメントはクロナジーエスケープメント、約70時間のパワーリザーブが特徴。
すべてのロレックス パーペチュアル ムーブメントと同様に、キャリバー 3285は、高精度の腕時計の称号でもある、スイス公認クロノメーター検査協会(COSC)のクロノメーター認定を受けている。
キャリバー 3285は耐衝撃性と気温変化にも安定性を保つパラクロム・ヘアスプリングが採用されている。
すべてのオイスター ウォッチ ムーブメントに共通する構造は非常に高い信頼性を実現している。

【両方向回転24時間ベゼル】
従来の時針と分針、秒針に加えて、GMTマスターⅡには24時間でダイアルを一周する矢印の形をした針と、両方向回転の24時間目盛り入りベゼルが搭載されている。
この24時間針には目を引く彩色が施され、1つめのタイムゾーンの時刻(例えば基準時刻となるホームタイム)をべゼル上の目盛りで読み取ることができる。
滞在地におけるローカルタイム(現地時刻)は、リューズを回し、時針を1時間ごとにジャンプさせるという独創的なメカニズムにより容易に設定することができる。
時針は分針や秒針から独立して、両方向に動かして調整することが可能である。
このような手順により、正確な計時に影響を及ぼすことなく、新たなタイムゾーンを設定することができる。


【時計の特徴】
大陸間旅行

【18 CT ゴールド】
自社専用の鋳造場を所有するロレックスは、最高品質の18 ct ゴールド合金を鋳造する卓越した技術を誇る。
混合するシルバー、銅、プラチナ、パラジウムの分量により、イエロー、ピンク、ホワイトと、異なる種類の18 ctゴールドができる。
これらの合金の原材料となる極めて純度の高い金属は、最新設備を完備した自社研究所にて綿密に検査される。
その後、同じように細心の注意を払ってゴールド合金の製造と成型が実施される。
ロレックスの時計製造への飽くなき追求は、地金にも及ぶ。

【メテオライトダイアル】
ダイアルは高い独自性と視認性を誇る、ロレックスの顔。
変色しにくい18 ctゴールド製アワーマーカーが特徴的。
すべてのロレックスのダイアルは、デザインから製造まで自社内で行い、完璧を期すために大部分が手作業で行われている。

【オイスター ブレスレット】
オイスター ブレスレットは、形と機能、美しさと技術の完璧な融合であり、堅牢な構造と快適な着用感を特徴とする。
ブレスレットに備わるオイスターロック フォールディングクラスプは、誤って開いてしまうことを防ぐ。
また、ブレスレットを延長するためのイージーリンクもロレックス独自の発明である。
この独創的なシステムにより、ブレスレットの長さを約5 mm延長させることができ、あらゆる場面でより快適な装着感が実現する。

【3285 ムーブメント】
最新のキャリバー 3285はロレックスが完全自社開発・製造した新世代ムーブメントである。
開発の工程における10件の特許を出願している。
このムーブメントはクロナジーエスケープメント、約70時間のパワーリザーブが特徴。
すべてのロレックス パーペチュアル ムーブメントと同様に、キャリバー 3285は、高精度の腕時計の称号でもある、スイス公認クロノメーター検査協会(COSC)のクロノメーター認定を受けている。
キャリバー 3285は耐衝撃性と気温変化にも安定性を保つパラクロム・ヘアスプリングが採用されている。
すべてのオイスター ウォッチ ムーブメントに共通する構造は非常に高い信頼性を実現している。

【両方向回転24時間ベゼル】
従来の時針と分針、秒針に加えて、GMTマスターⅡには24時間でダイアルを一周する矢印の形をした針と、両方向回転の24時間目盛り入りベゼルが搭載されている。
この24時間針には目を引く彩色が施され、1つめのタイムゾーンの時刻(例えば基準時刻となるホームタイム)をべゼル上の目盛りで読み取ることができる。
滞在地におけるローカルタイム(現地時刻)は、リューズを回し、時針を1時間ごとにジャンプさせるという独創的なメカニズムにより容易に設定することができる。
時針は分針や秒針から独立して、両方向に動かして調整することが可能である。
このような手順により、正確な計時に影響を及ぼすことなく、新たなタイムゾーンを設定することができる。

関連記事

  1. スポーツの時につける時計

    【男性向け】スポーツの時につけたいロレックス3選

  2. 【ロレックス】シードゥエラー 2019年 新作モデル

  3. 【ロレックス】デイデイト36 2019年 新作モデル

  4. 【ロレックス】ヨットマスター 42 2019年 新作モデル

  5. 【ロレックス】デイトジャスト36 2019年 新作モデル

  6. 個性あふれるロレックスの人気シリーズ