【ロレックス】デイデイト36 2019年 新作モデル


【時計の特徴】
瞬時に変わる日付表示

【18 CT ゴールド】
自社専用の鋳造場を所有するロレックスは、最高品質の18 ct ゴールド合金を鋳造する卓越した技術を誇る。
混合するシルバー、銅、プラチナ、パラジウムの分量により、イエロー、ピンク、ホワイトと、異なる種類の18 ctゴールドができる。
これらの合金の原材料となる極めて純度の高い金属は、最新設備を完備した自社研究所にて綿密に検査される。
その後、同じように細心の注意を払ってゴールド合金の製造と成型が実施される。
ロレックスの時計製造への飽くなき追求は、地金にも及ぶ。

【グリーンダイアル】
ダイアルは高い独自性と視認性を誇る、ロレックスの顔。
変色しにくい18 ctゴールド製アワーマーカーが特徴的。
すべてのロレックスのダイアルは、デザインから製造まで自社内で行い、完璧を期すために大部分が手作業で行われている。

【プレジデント ブレスレット】
ロレックスのブレスレットやクラスプの設計、開発、製造、そして製品に課される厳しい試験には、最先端のハイテク技術が活用されている。
また、すべての時計の部品と同様に、人間の目による照査によって、完璧な美しさが保証されている。
半円形の3連リンクのプレジデント ブレスレットは、1956 年に登場したオイスター パーペチュアル デイデイトの発売に合わせて発表された。
プレジデントブレスレットは、厳選された貴金属を素材とし、究極の気品を漂わせながら快適な装着感を提供する。

【3255 ムーブメント】
デイデイト 36は、ロレックスが開発・製造した最高の性能を誇る新世代ムーブメント、キャリバー 3255を搭載しています。
この機械式自動巻ムーブメントは、時計製造技術の最先端を行くものです。
ロレックスの技術力のすべてが注ぎ込まれ、14件もの特許を取得しています。
ムーブメントの本質的価値である精度、パワーリザーブ、耐衝撃性と耐磁性、そして操作の容易さと信頼性において、新たな基準を打ち立てるものです。

【曜日表示】
1956年に初登場したデイデイトは、世界初の特徴を備えていた。
文字板に曜日をフルスペルで表示する機能である。
世界中の数多くのリーダーたちに愛用されているデイデイトの曜日表示は、様々な言語から選択できる。


【時計の特徴】
瞬時に変わる日付表示

【18 CT ゴールド】
自社専用の鋳造場を所有するロレックスは、最高品質の18 ct ゴールド合金を鋳造する卓越した技術を誇る。
混合するシルバー、銅、プラチナ、パラジウムの分量により、イエロー、ピンク、ホワイトと、異なる種類の18 ctゴールドができる。
これらの合金の原材料となる極めて純度の高い金属は、最新設備を完備した自社研究所にて綿密に検査される。
その後、同じように細心の注意を払ってゴールド合金の製造と成型が実施される。
ロレックスの時計製造への飽くなき追求は、地金にも及ぶ。

【ターコイズダイアル】
ダイアルは高い独自性と視認性を誇る、ロレックスの顔。
変色しにくい18 ctゴールド製アワーマーカーが特徴的。
すべてのロレックスのダイアルは、デザインから製造まで自社内で行い、完璧を期すために大部分が手作業で行われている。

【プレジデント ブレスレット】
ロレックスのブレスレットやクラスプの設計、開発、製造、そして製品に課される厳しい試験には、最先端のハイテク技術が活用されている。
また、すべての時計の部品と同様に、人間の目による照査によって、完璧な美しさが保証されている。
半円形の3連リンクのプレジデント ブレスレットは、1956 年に登場したオイスター パーペチュアル デイデイトの発売に合わせて発表された。
プレジデントブレスレットは、厳選された貴金属を素材とし、究極の気品を漂わせながら快適な装着感を提供する。

【3255 ムーブメント】
デイデイト 36は、ロレックスが開発・製造した最高の性能を誇る新世代ムーブメント、キャリバー 3255を搭載しています。
この機械式自動巻ムーブメントは、時計製造技術の最先端を行くものです。
ロレックスの技術力のすべてが注ぎ込まれ、14件もの特許を取得しています。
ムーブメントの本質的価値である精度、パワーリザーブ、耐衝撃性と耐磁性、そして操作の容易さと信頼性において、新たな基準を打ち立てるものです。

【曜日表示】
1956年に初登場したデイデイトは、世界初の特徴を備えていた。
文字板に曜日をフルスペルで表示する機能である。
世界中の数多くのリーダーたちに愛用されているデイデイトの曜日表示は、様々な言語から選択できる。


【時計の特徴】
瞬時に変わる日付表示

【18 CT ゴールド】
自社専用の鋳造場を所有するロレックスは、最高品質の18 ct ゴールド合金を鋳造する卓越した技術を誇る。
混合するシルバー、銅、プラチナ、パラジウムの分量により、イエロー、ピンク、ホワイトと、異なる種類の18 ctゴールドができる。
これらの合金の原材料となる極めて純度の高い金属は、最新設備を完備した自社研究所にて綿密に検査される。
その後、同じように細心の注意を払ってゴールド合金の製造と成型が実施される。
ロレックスの時計製造への飽くなき追求は、地金にも及ぶ。

【ブルーダイアル】
ダイアルは高い独自性と視認性を誇る、ロレックスの顔。
変色しにくい18 ctゴールド製アワーマーカーが特徴的。
すべてのロレックスのダイアルは、デザインから製造まで自社内で行い、完璧を期すために大部分が手作業で行われている。

【プレジデント ブレスレット】
ロレックスのブレスレットやクラスプの設計、開発、製造、そして製品に課される厳しい試験には、最先端のハイテク技術が活用されている。
また、すべての時計の部品と同様に、人間の目による照査によって、完璧な美しさが保証されている。
半円形の3連リンクのプレジデント ブレスレットは、1956 年に登場したオイスター パーペチュアル デイデイトの発売に合わせて発表された。
プレジデントブレスレットは、厳選された貴金属を素材とし、究極の気品を漂わせながら快適な装着感を提供する。

【3255 ムーブメント】
デイデイト 36は、ロレックスが開発・製造した最高の性能を誇る新世代ムーブメント、キャリバー 3255を搭載しています。
この機械式自動巻ムーブメントは、時計製造技術の最先端を行くものです。
ロレックスの技術力のすべてが注ぎ込まれ、14件もの特許を取得しています。
ムーブメントの本質的価値である精度、パワーリザーブ、耐衝撃性と耐磁性、そして操作の容易さと信頼性において、新たな基準を打ち立てるものです。

【曜日表示】
1956年に初登場したデイデイトは、世界初の特徴を備えていた。
文字板に曜日をフルスペルで表示する機能である。
世界中の数多くのリーダーたちに愛用されているデイデイトの曜日表示は、様々な言語から選択できる。


【時計の特徴】
瞬時に変わる日付表示

【18 CT ゴールド】
自社専用の鋳造場を所有するロレックスは、最高品質の18 ct ゴールド合金を鋳造する卓越した技術を誇る。
混合するシルバー、銅、プラチナ、パラジウムの分量により、イエロー、ピンク、ホワイトと、異なる種類の18 ctゴールドができる。
これらの合金の原材料となる極めて純度の高い金属は、最新設備を完備した自社研究所にて綿密に検査される。
その後、同じように細心の注意を払ってゴールド合金の製造と成型が実施される。
ロレックスの時計製造への飽くなき追求は、地金にも及ぶ。

【ピンクオパールダイアル】
ダイアルは高い独自性と視認性を誇る、ロレックスの顔。
変色しにくい18 ctゴールド製アワーマーカーが特徴的。
すべてのロレックスのダイアルは、デザインから製造まで自社内で行い、完璧を期すために大部分が手作業で行われている。

【プレジデント ブレスレット】
ロレックスのブレスレットやクラスプの設計、開発、製造、そして製品に課される厳しい試験には、最先端のハイテク技術が活用されている。
また、すべての時計の部品と同様に、人間の目による照査によって、完璧な美しさが保証されている。
半円形の3連リンクのプレジデント ブレスレットは、1956 年に登場したオイスター パーペチュアル デイデイトの発売に合わせて発表された。
プレジデントブレスレットは、厳選された貴金属を素材とし、究極の気品を漂わせながら快適な装着感を提供する。

【3255 ムーブメント】
デイデイト 36は、ロレックスが開発・製造した最高の性能を誇る新世代ムーブメント、キャリバー 3255を搭載しています。
この機械式自動巻ムーブメントは、時計製造技術の最先端を行くものです。
ロレックスの技術力のすべてが注ぎ込まれ、14件もの特許を取得しています。
ムーブメントの本質的価値である精度、パワーリザーブ、耐衝撃性と耐磁性、そして操作の容易さと信頼性において、新たな基準を打ち立てるものです。

【曜日表示】
1956年に初登場したデイデイトは、世界初の特徴を備えていた。
文字板に曜日をフルスペルで表示する機能である。
世界中の数多くのリーダーたちに愛用されているデイデイトの曜日表示は、様々な言語から選択できる。


【時計の特徴】
瞬時に変わる日付表示

【エバーローズゴールド】
ロレックスはピンクゴールドの時計の美しさを長く維持するため、独自の18 ct ピンクゴールド合金を自社開発し、特許を取得した。
それが、エバーローズゴールドである。
2005年に発表された18 ctエバーローズは、すべてのピンクゴールド製ロレックス モデルで使用されている。

【ブラウンダイアル】
ダイアルは高い独自性と視認性を誇る、ロレックスの顔。
変色しにくい18 ctゴールド製アワーマーカーが特徴的。
すべてのロレックスのダイアルは、デザインから製造まで自社内で行い、完璧を期すために大部分が手作業で行われている。

【プレジデント ブレスレット】
ロレックスのブレスレットやクラスプの設計、開発、製造、そして製品に課される厳しい試験には、最先端のハイテク技術が活用されている。
また、すべての時計の部品と同様に、人間の目による照査によって、完璧な美しさが保証されている。
半円形の3連リンクのプレジデント ブレスレットは、1956 年に登場したオイスター パーペチュアル デイデイトの発売に合わせて発表された。
プレジデントブレスレットは、厳選された貴金属を素材とし、究極の気品を漂わせながら快適な装着感を提供する。

【3255 ムーブメント】
デイデイト 36は、ロレックスが開発・製造した最高の性能を誇る新世代ムーブメント、キャリバー 3255を搭載しています。
この機械式自動巻ムーブメントは、時計製造技術の最先端を行くものです。
ロレックスの技術力のすべてが注ぎ込まれ、14件もの特許を取得しています。
ムーブメントの本質的価値である精度、パワーリザーブ、耐衝撃性と耐磁性、そして操作の容易さと信頼性において、新たな基準を打ち立てるものです。

【曜日表示】
1956年に初登場したデイデイトは、世界初の特徴を備えていた。
文字板に曜日をフルスペルで表示する機能である。
世界中の数多くのリーダーたちに愛用されているデイデイトの曜日表示は、様々な言語から選択できる。


【時計の特徴】
瞬時に変わる日付表示

【エバーローズゴールド】
ロレックスはピンクゴールドの時計の美しさを長く維持するため、独自の18 ct ピンクゴールド合金を自社開発し、特許を取得した。
それが、エバーローズゴールドである。
2005年に発表された18 ctエバーローズは、すべてのピンクゴールド製ロレックス モデルで使用されている。

【パヴェダイヤモンド入りダイアル】
宝石をセットする職人は、まるで彫刻家のように、貴石をはめ込むための土台を手作業で彫り出していく。
その後、ジュエラーとしての芸術性と技巧を駆使して宝石をセットする。
そして細心の注意を払い他の宝石とのバランスを調整した後、ゴールドやプラチナの土台にしっかりと固定する。
ロレックスが誇る美しい宝石セッティングを実現するには、宝石本来のクオリティの他に、宝石の高さや方向、位置が正確に揃っていること、規則性、セッティングの強度とプロポーション、そして金属細工に施される入念な仕上げなどが重要な要素となる。
こうした華麗なシンフォニーが、時計の美しさを高め、着用者の魅力を際立たせる。

【プレジデント ブレスレット】
ロレックスのブレスレットやクラスプの設計、開発、製造、そして製品に課される厳しい試験には、最先端のハイテク技術が活用されている。
また、すべての時計の部品と同様に、人間の目による照査によって、完璧な美しさが保証されている。
半円形の3連リンクのプレジデント ブレスレットは、1956 年に登場したオイスター パーペチュアル デイデイトの発売に合わせて発表された。
プレジデントブレスレットは、厳選された貴金属を素材とし、究極の気品を漂わせながら快適な装着感を提供する。

【3255 ムーブメント】
デイデイト 36は、ロレックスが開発・製造した最高の性能を誇る新世代ムーブメント、キャリバー 3255を搭載しています。
この機械式自動巻ムーブメントは、時計製造技術の最先端を行くものです。
ロレックスの技術力のすべてが注ぎ込まれ、14件もの特許を取得しています。
ムーブメントの本質的価値である精度、パワーリザーブ、耐衝撃性と耐磁性、そして操作の容易さと信頼性において、新たな基準を打ち立てるものです。

【曜日表示】
1956年に初登場したデイデイトは、世界初の特徴を備えていた。
文字板に曜日をフルスペルで表示する機能である。
世界中の数多くのリーダーたちに愛用されているデイデイトの曜日表示は、様々な言語から選択できる。

関連記事

  1. 【ロレックス】ヨットマスター 42 2019年 新作モデル

  2. 【ロレックス】デイトジャスト 31 2019年 新作モデル

  3. ビジネスでもつけやすいロレックス3選

  4. 【ロレックス】デイトジャスト36 2019年 新作モデル

  5. スポーツの時につける時計

    【男性向け】スポーツの時につけたいロレックス3選

  6. 【ロレックス】シードゥエラー 2019年 新作モデル